サンシティ スタッフの声

サンシティ調布ロイヤルケア

北野富恵さん ケアスタッフ

介護関連の仕事に就いて13年以上のキャリアを持つ北野さん。「サンシティの入居者様は、スタッフに対しても優しい心遣いをしてくださるし、ユーモアもお持ちなので、コミュニケーションさせていただくのが楽しいです」と語る北野さんに、毎日のお仕事やサンシティの特長について話を聞きました。

インタビュー

入居者様ご本人はもちろん、ご家族にも信頼していただけるケアを目指しています。

北野さんのお仕事について教えてください。
日々、入居者様に寄り添って、入浴や排泄、食事などの介助、接遇など、さまざまなケアをさせていただくのが仕事です。長い期間、入居者様と接していると、毎日のようにご様子が変化したり、年月を経て長いスパンで健康や精神状態が変わっていくことがわかります。ご本人様がその変化を認識できない場合もあるので、入居者様とどう接したらいいのかを日々考えながら、ベストなケアができるように努力しています。入居者様はもちろん、ご家族にも信頼していただき、安心してもらえるように心がけていますね。
そんな毎日のお仕事で、北野さんが工夫していることは?
たとえば、入居者様に必要な買い物があると聞けば、ソーシャルスタッフに伝えるなど、何かあればずぐに該当する部署やスタッフに連絡して取り組んでもらうなど、入居者様のさまざまなニーズに迅速に応えるよう心がけています。とにかく横の連携を大切にしていますね。日常的に勉強会なども行なっていますし、冬場などは、感染症の対策もしっかりやっています。
北野さんが実感している、サンシティならではの良さは?
入居者様が入院してしまったときなど、病院で褥瘡(じょくそう)ができた状態でお戻りになるケースが多いんです。その際、ケアスタッフと看護師、医師などが連携を図って対策を考えて取り組むことで、多くの方の症状が比較的早く改善します。スタッフみんなが情報を共有し、入居者様の状態を把握してコミュニケーションを図ることで、サンシティならではのケアが実現しているところが、素晴らしいですね。入居者様とスタッフの比率が1.5:1のサンシティだからこそ、いつも入居者様をお待たせすることなく、充実したケアを行なうことが可能になっているのではないかと感じています。入院を経験されて戻られた方のADL(日常生活動作)が、サンシティで向上するのを見ると、本当にやりがいを感じますね。実際に「ここで良かった」とおっしゃっていただいたり、ご家族からお言葉をいただけたりすると、すごく嬉しいし励みになります。とにかく、笑顔で「ありがとう」と言っていただくことが、一番嬉しいですね。それから、サンシティは専任のお掃除スタッフがいてくれるので、施設がとても清潔でキレイなところも特長です。庭も広いし、散歩して四季を感じることができる点も、すごくいいと思います。
ところで、お休みの日は何をしていますか?
筋トレと有酸素運動を融合させたような、「カーブス」というトレーニングをやっています。それから、親子で関ジャニ∞のファンなので(笑)、娘とふたりで地方のコンサートを観に行ったりもします。リフレッシュできるので、とってもいいですよ。
今後の目標について聞かせてください。
娘も成人して、自分の時間が持てるようになると思うので、今後は本格的に勉強に取り組み、ケアマネージャーの資格を取ろうと思っています。サンシティでは、フロアが異なっていてもスタッフ同士の連携やコミュニケーションがよく取れていることもあり、一緒に仕事をしていてとっても気持ちがいいんです。大変なことはあるけれど、いろいろ経験してみて、ケアスタッフは素晴らしい仕事だと感じています。ひと言で言うとこの仕事が好きなので、これからもずっと続けていきたいですね。

ページトップへ戻る

ケアスタッフ

入居者様に寄り添い、日々の暮らしをサポート。サンシティ スタッフのお仕事ご紹介

日常のお仕事風景

トイレの介助
入居者様の居室で、トイレの介助を行ないます。
お食事の介助
お楽しみランチでお食事の介助。普段とは違った雰囲気で、話も弾み笑顔がこぼれます。
フロアカンファレンス
入居者様の情報をほかのスタッフと共有。連携を図って充実したケアを実現します。
看護師への報告
看護師へ入居者様の様子を報告。安心で健やかな毎日の暮らしをサポートします。

ページトップへ戻る

その他のレポート

ページトップへ戻る