サンシティ スタッフの声

サンシティ調布ロイヤルケア

堀川寛子さん レクリエーションスタッフ

コーラスやコンサート、習字や華道など、豊富なレクリエーションで、入居者様のQOL向上に貢献するレクリエーションスタッフの堀川寛子さん。シニアセラピスト、エステティシャンでもある堀川さんに、レクリエーションスタッフのお仕事について聞かせてもらいました。

インタビュー

入居者様は家族のような愛おしい存在。みなさまの笑顔をいつも近くで見ていたいと思っています。

堀川さんのお仕事について教えてください。
さまざまなレクリエーションを通して、入居者様に充実した余暇を過ごしていただくためのお手伝いをする仕事です。レクリエーションには基本的にどなたでも参加いただけますが、習字や華道、工作系のものなどはどうしても限られた方向けになってしまうので、音楽が楽しめるコンサートなど、幅広いプログラムを用意しています。もちろん屋内のものだけでなく、庭や大学のキャンパスを散歩したり、美術館などへ出かけたりするレクリエーションも多くあります。居室にいる時間が長い方の場合は、こちらからお部屋を訪問して、個別に対応させていただいています。1対1の個別レクリエーションや、3人程度で行なうプログラムの場合は、参加された方のご様子が手に取るようにわかるというメリットもありますね。現在、リラクゼーションをおもに担当している私のほか、絵画と音楽を専門にしている3人のレクリエーションスタッフがいます。お一人おひとりのADL(日常生活動作)とニーズに合ったレクリエーションをいかに提供していくかを重視して、ほかのスタッフとコミュニケーションを図りながら仕事に取り組んでいます。
仕事で苦労したことや嬉しかったエピソードについて聞かせてください。
いつも入居者様の近くにいたい、側から離れたくないという想いが強いので、入居者様から離れての事務作業が辛いです(笑)。もっともっと、みなさまと一緒に過ごしたいですね。ここで仕事をしていて嬉しかったことは、それこそお伝えしきれないほどたくさんあります。毎日多くの入居者様と接していて、とにかく笑顔を見せていただけることが嬉しいですね。入居者様のことが本当に愛おしく思えてなりません。みなさまの知識や話題が豊富なので、いろいろと教えていただくことも多く、いつも入居者様に育てられていると感じます。私自身、入居者様と一緒にお話させていただきながら、ゆっくりと中庭を散歩することで、四季の移ろいや自然の美しさを改めて感じるようになりました。入居者様と一緒に過ごすからこそ、自分も成長できるんだなと実感しています。
堀川さんが感じているサンシティならではの特長は?
基本的には1年365日を通してレクリエーションがあるというのが、サンシティの特長のひとつだと思います。朝10時の体操やティータイム、14時のメインプログラムなど、レクリエーションが入居者様の生活のリズムになっている側面もあると思います。それから、スタッフ同士のコミュニケーションがよく取れているところもいいですね。特に、ケアスタッフのみなさんにはお世話になっていて、その協力がなければ、レクリエーションは成り立たないと言っていいほどです。私たちも、プログラムの中で入居者様がどんな状態だったかをケアスタッフに伝達しますし、逆にレクリエーションのあとで入居者様が喜んでいらっしゃったことを、ケアスタッフから聞くこともあります。これからもそんな連携を大切にして、より良いプログラムを提供させていただければと思います。
ところで、休日はどんなふうに過ごしていますか?
「美文字」がブームになっていることもあり、最近、ペン習字を始めたので、それに取り組むことが多いですね。実は、10年前にキットは買っていたのですが、ずっと手を付けていなかったんです(笑)。
今後の目標について聞かせてください。
以前、在宅ケアで高齢者の女性の方のお世話をしていたのですが、その方は週に2度、男性のマッサージ師の方が来られる際、必ずブラシで髪をとかしていらっしゃったんです。その姿を見て、女性はいつでも美に対する意識を持っているし、また、その意識が必要だと感じました。それで、高齢者の方にマッサージやメイクをして差し上げたい、美しくあるためのお手伝いをしたいと考え、エステティシャンの資格を取ったんです。その想いが、今の仕事にも繋がっているんですね。誰しも、加齢に伴ないADL(日常生活動作)が低下していきます。その際、入居者様に今以上に密に接して、不安を和らげ、望むことを叶えることができるような存在になれればいいですね。レクリエーションには、メンタル面のリハビリテーションのようなもの。これからも、入居者様の美と健康に貢献できるような仕事をしていきたいと思っています。

ページトップへ戻る

レクリエーションスタッフ

入居者様のQOL向上をサポート。レクリエーションスタッフの仕事をご紹介。

日常のお仕事風景

朝の体操
毎朝10時から、ラウンジで体操を行います。
庭をお散歩
広い庭をみんなでお散歩。四季の移り変わりを肌で感じることができます。
ハンドマッサージ
エステティシャンでもある堀川さんならではのハンドマッサージ。個別のレクリエーションも幅広く行なっています。
キーボード伴奏で歌唱
音楽の先生のキーボードに合わせて、みんなで合唱します。
ミーティング
レクレーションに関するミーティングで情報を共有。この日は、外部から招いている音楽の先生を交えての打ち合わせを行いました。
ウィーン・フィルコンサート
ウィーン・フィルを招いてのコンサートも実施。多彩なプログラムをご提供しています。
※2013年サンシティ調布でのコンサート風景

ページトップへ戻る

その他のレポート

ページトップへ戻る