サンシティ スタッフの声

サンシティ木津ロイヤルケア

白武美幸さん 生活相談員

サンシティ木津ロイヤルケアで、勤務9年目となるソーシャルスタッフ(生活相談員)の白武美幸さん。ケアスタッフの経験もある白武さんは、「介護職は女性でも長くがんばっていけるし、自分の両親のことも考え、勉強してみようと思ってこのお仕事を目指しました」と笑顔で語ってくれました。おばあちゃん子で、ご入居者様と自分の家族のように触れ合いたいという白武さんに、ソーシャルスタッフのお仕事について聞かせてもらいました。

インタビュー

「この人だったら任せられる」と言っていただけるような、ご入居者様に信頼いただけるお仕事をしていきます。

ソーシャルスタッフ(生活相談員)としての白武さんのお仕事について教えてください。
ご入居者様を中心として、ご家族様や病院、さまざまな関係機関との間を取り持つコーディネーター、調整役がお仕事の中心になります。デスクワーク、受診の際の付き添いや病院への送迎などのほか、福祉用具関連会社との連携もあります。どんな補助器具があれば、ご入居者様がスムーズに移動できるのか、あるいはどんなクッションを使えば体に負担をかけずに座っていられるかなど、ご入居者様やケアスタッフと業者の方の仲立ちとなり、調整を行ないます。ご家族様の意見をスタッフに届け、また、現場の声をご家族様に伝えながら、ケアに活かすような取り組みを行なっています。
毎日のお仕事で工夫していること、やりがいを感じることは?
ご高齢者の中には、自身のお気持ちやご意見を声に出せない方、思うように伝えられない方が少なくありません。ケアスタッフの経験を活かして、そんなご入居者様のお気持ちを汲み取って、ほかのスタッフと連携しながら、それぞれの方に最適なケアをご提供できるよう心がけています。ケアスタッフの視点を持っていることを強みとして、幅広い視野で仕事に取り組んでいければいいですね。やはり、ご入居者様やご家族様から感謝の言葉をいただけると、やりがいを実感することができます。「サンシティ木津ロイヤルケアを選んで暮らして良かった」と言っていただけると、本当に嬉しいです。
サンシティならではの良さについて聞かせてください。
何より、同一敷地内に医師・看護師が24時間常駐する医療支援体制の安心感ですね。それから、接遇に関する教育が行き届いていて、ご入居者様に対する言葉遣いや接し方がとても丁寧なところです。サンシティの理念の「おもてなしの心」を実現する取り組みができるよう、新人のころからの教育・研修が充実しています。先輩のみなさんの実践が素晴らしいので、それを見て自分も尊敬を受けるような社員になりたいと思いました。さらに、質の高いレクリエーションが豊富で、施設も広いので、ご入居者様も気分転換がしやすいのではないでしょうか。スタッフとしては、みんなが心をひとつにして同じ目標に向かっていると感じることができるので、とても働きやすい現場だと実感しています。
サンシティでお仕事をして、成長した点は?
少しずつですが、ご入居者様に声をかけていただく前に、お困りになっていることやお気持ちを察して、こちらから手を差し伸べさせていただくことができるようになってきたような気がします。デスクワークや外部との対応で忙しい中でも、フロアの様子を確認したり、ご入居者様のお顔を拝見しに行ったりして、ご家族様が来いらしたときにご様子をお伝えできるように心がけています。
ところで、お休みの日は何をしていますか?
お休みが取れる曜日が決まっていないので、友人とランチに行ったりしています(笑)。スタッフ同志の親睦会もあるので、そんなときはみんなで和気あいあいと、何でも気軽に話し合って楽しい時間を過ごします。
今後の目標は?
ソーシャルスタッフとして、今以上に確実な手配、調整ができるようになりたいですね。やはり、毎日の仕事ではさまざまなことがありますし、緊急時のときは緊迫しますが、どんなときも、冷静に対応できるように心がけたいと思います。ご入居者様に「この人だったら任せられる」と言っていただけるような、どなたにも信頼いただけるソーシャルスタッフを目指していきます。

ページトップへ戻る

ケアスタッフ

ご入居者様やご家族様、スタッフの仲立ち役を担う
ソーシャルスタッフ(生活相談員)のお仕事をご紹介します。

日常のお仕事風景

事務業務
病院や関係機関などとの連絡を行ないます。事務業務や受付業務など、ソーシャルスタッフのお仕事は多岐に渡ります。
様子伺い
ご入居者様との会話を楽しみながら、日々のご様子を確認。その方に最適なケアをご提供いたします。
通院介助
受診の際の付き添いや病院への送迎など、外出時の介助を行ないます。

ページトップへ戻る

その他のレポート

ページトップへ戻る