サンシティ スタッフの声

サンシティ熊谷ロイヤルケア

馬場貴子さん 看護師
ケアスタッフ

看護師として病院勤務を経たのち、サンシティ熊谷ロイヤルケアで働いて6年になる馬場貴子さん。「病院と違って、ここではご入居者様とご家族様に温かいおもてなしができます」と語る馬場さんに、看護師としての毎日のお仕事、サンシティの素晴らしさなどについて語ってもらいました。

インタビュー

おもてなしの気持ちを大切にした健康管理を心掛けます。

看護師としての馬場さんのお仕事について教えてください。
やはり、ご入居者様の健康管理が一番の仕事になります。ご入居者様の体調に変化があれば、それにいち早く気づき、対応することが大切です。ご入居者様と一緒にいる時間が長いケアスタッフとの連携を大事にしながら、「ちょっとお尻が赤かった」、「少し様子が普段と違う」といった情報を基に、私たち看護師が判断をします。ご高齢者の方は、少しの対応の遅れなどで重症化するケースも少なくないので、ほんの少しの変化も見逃さない観察力と、その後の判断力が重要だと感じます。
そんな毎日の仕事での喜び、やりがいを実感することは?
こちらにいらしたばかりのときには、徘徊の症状がおありだったご入居者様などが、その後落ち着かれて症状が落ち着き、笑顔を見せていただけるようになったときなど、本当に嬉しいです。私たちスタッフの対応も間違っていなかったのだと実感します。また病院ではなく、こちらで看取ることができて良かったとご家族様に言っていただけると、この仕事に携わっていて良かったと感じます。
馬場さんがサンシティで成長したと感じるところは?
病院では日々忙しく、患者様と話すこともあまりできませんでした。でもここでは、毎日の暮らしの中でご入居者様に寄り添い、時間をかけておもてなしをさせていただくことができるようになりました。ご家族様を含め、スタッフ全員が温かい対応をさせていただくことができていると思います。
サンシティの良さについて聞かせてください。
スタッフ同士の連携が取れているところです。同時に、看護師もお互いに良くコミュニケーションが図れていると思います。定期的にドクターが訪問診療に来るので、血圧が高い等ご入居者様に変化があれば、見逃さずに必ず報告をし、ご入居者様とドクターの橋渡しをするようにしています。もちろん、忙しいときもありますが、基本的にゆっくりとした時間が流れているのもサンシティならではだと思います。ご入居者様に、ご自分らしく生活していただけますよう、しっかりとサポートさせていただいています。
ところで、お休みの日は何をしていますか?
ゆっくりとお風呂に入ったり、いろいろ考えたり、なるべく自分と向き合う時間を持つようにしています。それ以外では、子どもたちと一緒に楽しく過ごすことが多いですね。上の子がチアリーディングをやっているので、一緒に応援したり練習のサポートをしたりしています。下の子はサッカーをやっているので、試合を観戦しに行ったりもします。
今後の目標や夢について聞かせてください。
私はご入居者様へのおもてなしが好きで、それができる環境がサンシティにはあると実感しています。だから、ここでずっと仕事を続けていければと思っています。ご入居者様のためにできることは何かをもっと考えて、ケアのレベルを上げていきたいです。自分自身を含め、まだまだ足りないところもあると思うので、スタッフ全員がおもてなしの心を持ってケアに取り組んでければと思います。「自分がされたいようにすることが大事」というような、サンシティの「クレド(信条)」を毎朝、朝礼で唱和しています。それを言葉に表わすだけでなく、しっかりと心に刻んで、さらに高いレベルのケアに全員で取り組んでいければと思っています。

ページトップへ戻る

看護師

ご入居者様の健康と安心に寄与する専門家。
看護師のお仕事をご紹介。

日常のお仕事風景

申し送り
夜勤と日勤のシフト交代の際、必ず申し送りを行ないます。ご入居者様に関する情報を共有しケアに役立てます。
検温・血圧測定
毎日、ご入居者様の検温・血圧測定を行ないます。会話をしながら様子を伺い、ご入居者様の体調変化を気遣います。
「経管栄養」の準備
夕食の時間に合わせ、管を通して胃に栄養成分を注入する「経管栄養」の準備を行ないます。

ページトップへ戻る

その他のレポート

ページトップへ戻る