サンシティ スタッフの声

サンシティ熊谷ロイヤルケア

加藤千恵さん 介護支援専門員

病院勤務を経て、サンシティ熊谷ロイヤルケアには看護師として就職、その後、ソーシャルスタッフも兼務し、現在では介護支援専門員(ケアマネジャー)として活躍する加藤千恵さん。豊富な経験を活かし、貢献しています。そんな加藤さんの介護支援専門員としてのお仕事や、サンシティの良さについて聞かせてもらいました。

インタビュー

それぞれの個別性をしっかりと把握して最適なケアプランを作成し、パーソナルケアを実践することを目指しています。

介護支援専門員(ケアマネジャー)としての加藤さんのお仕事について教えてください。
ご入居者様お一人おひとりに適したケアをご提供するため、他のスタッフと連携しながら、「ケアプラン」を作成するのが介護支援専門員のおもな仕事になります。「ケアプラン」は、ご入居者様やご家族様のご要望を聞き取り、それぞれのスタッフの意見も踏まえ、作成します。介護支援専門員はそれらの取りまとめ役でもありますが、一番大切なのは、日常的にご入居者様に接して、それぞれのご様子を把握すること。その方をきちんと知っていないと、適切なケアを実現することはできません。その意味では、仕事の本質はこれまで経験してきた看護師やソーシャルスタッフと変わらないのだと思います。
加藤さんがお仕事で心がけていることや、やりがいを感じることは?
やはり、皆様の個別性を知ることが大切ですね。これまでの長い人生で、その方なりの生活をされているので、私たちがいろいろと想像するだけではベストなケアをご提供することはできません。試行錯誤の繰り返しですが、とにかくご入居者様のことを深く知るということを心がけています。それから、ありきたりですが感謝されるのは嬉しいです。なかなかご要望に応えられないところもありますが、ご家族様との会話も大切にしています。こちらがケアをご提供させていただいているというより、皆様にいろいろなことを教えていただいているという気がしています。自分が年齢を重ねたときの指針をいただいている気がして、とても励みになります。
加藤さんが実感するサンシティの良さについて教えてください。
「ケアプラン」を実行しているのはフロアスタッフたちですが、スタッフ全員が連携を取りながら、ご入居者様のことを自分の家族のように想い、ベストなケアをご提供するために一生懸命考えて取り組んでいるところですね。これほど安心して暮らしていただける施設は、そう多くはないと感じています。
サンシティのお仕事を通して、加藤さんご自身が成長されたと感じるところは?
看護師として病院で勤務していた頃は、おもに疾病を看ていればよかったのですが、今は生活全般に関わらせていただいています。病院のときは気付かなかったことですが、生活の現場を見ていないと本当にその方のことはわかりません。今では、日々関わらせていただくことで、毎日の暮らしに寄り添うことができるようになりました。
ところで、休日はどんなふうに過ごしていますか?
読書をしたり映画を観たりして、リフレッシュしています。先日、又吉直樹さんの『火花』を読もうとしていたのですが、羽田圭介 さんの『スクラップ・アンド・ビルド』を先に買ってしまいました(笑)。映画は、上映しているもので興味あるものは何でも観ます。
今後の目標について聞かせてください。
今は子育てもひと段落して、仕事がとても楽しくてしかたありません。いろいろな分野へ視野を広げ、ご入居者様やご家族様のご要望に応えられるように知識を深めなければと思っています。みなさんのご要望に応えることができれば、私自身もそれだけ楽しいので、これからももっと頑張っていきたいと思います。

ページトップへ戻る

介護支援専門員

ご入居者様のケアをリードする専門家。
介護支援専門員(ケアマネジャー)のお仕事をご紹介。

日常のお仕事風景

ケアカンファレンス
ソーシャルスタッフや看護師などと連携し、ご入居者様にとっての最適なケアを検討します。
入居相談
ソーシャルスタッフとともに、ご家族様の入居相談に対応します。

ページトップへ戻る

その他のレポート

ページトップへ戻る